リサーチ

麻に含まれるCBDとは?|注目されたキッカケや効果・効能を解説

 

悩みガール
悩みガール
・CBDって違法薬物なんでしょ…
・CBDの効果は?

こんなお悩みを解決します。

記事の内容

✔︎CBDとは
✔︎CBDが注目されたきっかけ
✔︎CBDの効果や効能

結論、CBDは合法であり、不眠症改善や「てんかん」といった難病にもCBDが使われています。

この記事を参考にすると、CBDは違法ではなく安全な成分ということが分かりますよ。

 

CBDとは?

大麻草CBD(カンナビジオール)は大麻草の茎や種子から抽出された成分。大麻草と聞くと「違法」と思われがちですが、そうではありません。

CBDは合法?

日本でCBDは合法な成分。一方、大麻草の中に含まれる「THC(テトラヒドロカンナビノール)」は違法成分です。

大麻取締法第1条には下記の条文が明記されてます。

この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

出典:e-Gov法令検索

CBDは大麻草の種子、茎、花冠から抽出され、大麻取締法では「茎と種子は除く」とあるので合法です。

CBDとTHCの違いは?

THCはハイ(精神活性作用)になる一方で、CBDはハイにならないという違いがあります。

THCを摂取すると高揚感が半端なく俗に言う「キマる」状態になるのですが、CBDでキマることはありません。

https://tomotalk.com/cbd-feeling/

CBDは安全?中毒性はある?

WHO(世界保健機関)と依存性薬物専門家委員会(ECDD)は「害はない」「中毒性や依存性はない」と発表しています。

私は電子タバコ、サプリ、オイルやグミでCBDを摂取していますが、リラックスしたい時にしか摂取していません。

つまり中毒性はないのです。電子タバコを吸ってなくても何とも思わないです。疲労時にリポンビタンDを飲む感覚です。

CBDの摂取方法

主な摂取方法は吸入、経口摂取、舌下投与、局所投与、経皮吸収です。

摂取方法 製品の種類 効果発現 効果持続 バイオアベイラビリティ
吸入 ベイプ、喫煙 2〜15分 2〜4時間 17〜44%
経口摂取 オイル、カプセル、グミ 30〜90分 6〜8時間 6〜15%
舌下投与 オイル、タブレット、スプレー 15〜30分 2〜4時間 6〜20%
局所投与 軟膏、ローション 15〜30分 2〜4時間 0%
経皮吸収 パッチ、ジェル 15〜30分 4〜8時間 〜90%

※バイオアベイラビリティはどのくらいCBDが血中に到達するかを表す数値。吸入で100mgのCBDを摂取したら17〜44mgが体内に吸収されます。

摂取方法の詳細は下記の記事をお読みください。

https://tomotalk.com/best-way-to-take-cbd/

CBDが注目されたきっかけは?

 

CBDが世界的に注目されるようになったのは、指定難病のドラベ症候群(てんかん)を患っていた少女にCBD治療をしたところ「劇的に良くなった」という話を、アメリカのCNNが2013年に放送したからです。

シャーロットちゃんは2007年、アメリカのコロラド州で生まれました。

1歳までにドラベ症候群の発作(痙攣、意識を失うなど)が起き、髪を引き抜いたり、床に頭を叩きつけたりと、何かに取り憑かれている(お母様の表現)ような状態でした。

発作は5〜15分に1回(週に約300回)も起きるため、話したり歩くことは困難で、食べることもできないので栄養チューブを使用していました。

処方薬も効果なく途方に暮れていたところ、両親は「CBDはてんかんに効果あり」という情報を耳にします。

CBDを研究していたスタンリー兄弟と出会い、CBD治療(舌にオイルを垂らす)を始めたところ、発作は週1回と劇的に減少。また、処方薬をやめてCBD治療に専念したところ、話したり歩くことができるようになりました。

シャーロットちゃんが使用した医療大麻は、THCを極力減らし、CBDを多く含んだものだったため「CBDはてんかんに効果があるのでは」となり、一気に研究が進みました。

しかし、残念なことにシャーロットちゃんは、2020年4月に新型コロナウイルスによる合併症で天国へ旅立ちました。13歳でした。

https://edition.cnn.com/2020/04/08/health/charlotte-figi-cbd-marijuana-dies/index.html

https://www.cnn.com/2013/08/07/health/charlotte-child-medical-marijuana/index.html

CBDの効果や効能は?

効果

CBDはエンド・カンナビノイド・システム(ECS)という身体調整機能を活性化させて正常に戻す働きをします。

ECSが正常になればストレスが軽減されたり、不眠症の改善に繋がるのですが、外部からのストレスなのでECSが異常になると色々な症状を引き起こすといわれています。

効能

てんかん

シャーロットちゃんが患っていた「てんかん」。難病の一つで「てんかん」を完治する薬は今のところないのですが、CBDがその可能性を秘めています。

不眠症

ECSを正常に戻すことで睡眠改善につながることでしょう。寝れずに悩んでいる方は就寝前にCBDを摂取してみましょう。

https://tomotalk.com/cbd-sleepy/

CBDは癌にも効果ありといわれています。

実際に、歌手・女優のオリビア・ニュートン=ジョンさんは癌治療のためCBDオイルを摂取しています。

抗不安作用

うつ病や精神障害などの心の病に対し、CBDは効果ありと期待されています。

その理由は、CBDにはリラックス効果やストレス軽減効果があるから。処方薬を使用しなくてもCBDオイルなどで不安が和らぐほうがいいですよね。

依存症

CBDにはタバコやアルコールの依存症に効果ありとされています。

「吸いたい」「飲みたい」という衝動を抑えたり、そもそも「吸いたい」「飲みたい」と思わせないようにする効果がCBDにはあるそうです。

特にタバコからCBDベイプ(電子タバコ)に切り替えている人は多く、タバコを吸わなくてもイライラしなくなったという報告があります。

https://tomotalk.com/cbd-non-smoking/

鎮痛

CBDには痛みを和らげます。スポーツ選手だと筋肉痛の時にCBDパッチを貼って回復のスピードを上げていますね。

筋肉痛、頭痛、関節痛、歯痛や神経痛などの痛みに、鎮痛剤を使わなくてもCBDを摂取すれば痛みを緩和させることができるでしょう。

喘息

喘息といえばステロイド治療が一般的でしたが、ステロイドは負担がかかるのでできれば避けたいところ。

CBDには抗炎症作用や気管支拡張効果があるとされ、実際に喘息が治ったという事例もあります。CBDなら体に負担をかけずに喘息を治せるかもしれません。

まとめ

日本ではまだまだCBDはポピュラーではないですが、海外、とくにアメリカでは約15%がCBDを摂取しているとの報告があります。

本格的な治療目的で使用するのはまだまだなところもありますが、不眠症やリラックス効果目的であればCBDは効果的だと思います。

https://tomotalk.com/cbd-gummies-ranking/

https://tomotalk.com/cbd-mellow-supplement/

\おすすめのCBDオイル/

おすすめのCBDオイルをまとめました。オイルはコーヒーやスムージーに混ぜたり、舌に垂らしたりと使いやすいです。

 

あわせて読みたい